ゆっくり歩いていこう

娘とパパと私の3人家族。親兄弟と離れた都会で暮らす子育てのこと、手作りのもの、幼児教育、我が家の時短家事や節約術などを綴っています。

「大人の取り分けごはん」ができない! ー 娘ごはん ー

スポンサーリンク

娘は歯が生えるのが遅い方でして、やっと最近上下とも奥歯が生えてきました。

歯が生え始めるところを見る機会ってなかなかないので、ちょっと新鮮ですよね。

ですので、娘のごはんがまだ完了期とさほど変わらないメニューになってしまっているのは、ひとまず良しとして、それより、そろそろやらなければと思っていることは、

大人のご飯から取り分ける

というやつです。

えっまだやってないの⁉︎と思われそうですね。

児童館などで聞いてみると、だいたいのママは取り分けをしてるようでした。
幼児食本に載っているものもほとんどが取り分けメニュー。うちでは、たまに取り分けることもありますが、基本的にはまだ別で作っています。

取り分けができるからラクになったでしょ〜とか、まわりから言われますが、私はなんとなく別で作った方がラクなんですよね。

味付けや、大きさ、固さは今のままなんでしょ…う〜んやっぱり一緒に作るのってむずかしい!というより、逆に手間なのでは?と思ってしまう。

 

例えば野菜炒めの場合、

  1. 大人の大きさの食材を、薄味+油少なめで炒める
  2. 娘の分だけ取り出して適当な大きさに刻む
  3. いつも通り味付けをする

 

こんな感じでしょうか。

ということは、

野菜がシャキシャキだと娘が食べられるようにするには、かなり細かく刻む必要がある

ニンニク生姜、豆板醤などを使う場合は途中から入れることになる?(まぁこれは別にいっか)

 

煮物の場合も、

  1. 薄味で煮る
  2. 娘の分だけ取り出す
  3. いつもの味付けをする

 

となるんですよね。

ということは、

柔らかくなるまでは薄味で煮るため、その後の味付けが染み込むまでまた時間がかかるし、崩れやすくなるのでは?

 

きっと、ベテラン主婦は上手くやりこなせるのでしょうね。

 

あと、

3人家族の我が家は、日中は娘と私の2人だけ。そのため、大人のごはんは私1人しか食べないので、だいたい適当なもので済ませてしまう

そして、私は一人暮らし経験が長かったため(←言い訳)ズボラ飯で全然OKなタイプ
ズボラ飯って大抵、初めからしっかり味付けしてレンジでチンで終了!みたいなのが多いので、取り分けしにくい。

それから、うちのパパは帰りが遅く、以前は私も夕飯を合わせて遅い時間に食べていたこともあり、その習慣からごはんを作る時間が遅い(娘が寝てから)ことが多い。

そのため娘のごはんを同時に作ることができない。

 こんな我が家の現状も、取り分けできない理由になっているのでは?と思ってきました。

きっと、私が娘と同じごはんを食べるようにすれば変わるのかもしれませんね。

 

そういや、少し前に一歳半検診に行ってきたのですが、そこでも言われました。
先生 : もう大人と同じようなものを食べていますか?
私 : まだ別で作っています。
先生 : あまり味付けが濃いものはダメですが、そろそろ同じものを食べさせてください。
私 : (ですよね〜) あ、はい。
とこんな感じでした…。

娘にはなるべく素材そのものの味を伝いたいという思いがあり、なるべく出汁や素材から出る塩分などのみで味付けしています。
一歳半の記念日に、やっと初めてケチャップを使いました。
最近では出汁をとるのをやめて、市販の顆粒だし(化学調味料無添加のもの)を使うようになりました。やっぱりラクですね〜!

ちなみに、食材はほぼパルシステムで買っています。
野菜は関東のものが中心ですが、新鮮で立派なものが届くのでとても美味しいです。(たまに小ぶりでハズレな時もありますが…)

今日のごはん

f:id:kosodatefun:20170130001629j:image

  • 食パン
  • 卵と野菜のスープ(卵・人参・玉ねぎ・ほうれん草・コーン・アスパラ)
  • 苺とバナナとヨーグルトときな粉 

f:id:kosodatefun:20170130001718j:image

  • 納豆と野菜の餡かけごはん(納豆・豚肉・インゲン・小松菜・玉葱・人参・白菜・胡麻)
  • みかん

f:id:kosodatefun:20170130001826j:image

  •  そうめん(ほうれん草・ひじき・玉葱・人参・しらす・胡麻)
  • かぼちゃ・チーズ・青のり
  • 苺・きな粉

 

それでは、今日もお疲れさまでした!