読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくり歩いていこう

娘とパパと私の3人家族。親兄弟と離れた都会で暮らす子育てのこと、手作りのもの、幼児教育、我が家の時短家事や節約術などを綴っています。

雛人形を飾ろう!初節句のお祝いを華やかに!

スポンサーリンク

f:id:kosodatefun:20170202010210j:image

こんにちは。

今年も早いもので2月に入りました。

そして、もうすぐ節分ですね!

我が家はパパの帰りが遅いので、私と娘で簡単に豆まきだけしようと思っています。

鬼がいないのが寂しい!

ところで、皆さんはいつ雛人形を飾りますか?

地域の風習に従うのが一番良いそうですが、我が家は節分が終わった後の、一番早い大安の日に飾る予定です。

今年は2月7日になります。

今年のひな祭りはまだ少し先なので、昨年の娘の初節句の様子をご紹介したいと思います。

f:id:kosodatefun:20170201154615j:image

記念に写真館などで写真を撮る方もいらっしゃると思いますが、時間もお金もない我が家は、お家で楽しく記念撮影しました^ ^

(娘が動きまくって撮るのが大変でした…)

  • 雛人形
  • 手作りのつるし雛
  • 手作りのタペストリー
  • 桃の造花(100均)

を飾り、風呂敷をかけたバウンサーに娘を座らせています。

つるし雛とタペストリーは私の母が作りました。

 f:id:kosodatefun:20170201223907j:image

f:id:kosodatefun:20170201223915j:image

 おじいちゃんおばあちゃんと一緒に、ワイワイ賑やかにお祝いすることができたら、それだけで楽しそうで良い写真が撮れそうですが、うちは両家とも遠方に住むためそれは叶わず…。

とはいえ、可愛い娘の記念すべき初節句のお祝い!せめて飾り付けで、できる限り華やかにしてあげたい!

あれこれ考え、自分でつるし雛でも作ってみようかと思ったのですが、この頃はまだ寝不足続きでとてもそんな余裕がなく断念…。

裁縫が得意な母に相談したところ作ってくれることになりました。

母は知り合いから借りた参考書を見ながら作ったようです。

 

 

 

母は「作るのは初めてだし初節句に間に合わせるため急いで作ったので、不恰好になってしまった」と言っていましたが、 全然わかりませんし、頼んでいないのにタペストリーも作ってくれまして、おかげでとっても満足のいく写真が撮れました。

こういう記念写真って、単に思い出として写真を残せるということよりも、子供が大きくなったときに写真を見て、家族が自分のために一生懸命頑張ってくれたとか、自分は愛されていた(いる)といった証が残せるところに意味があるのではないかと思っています。

この頃のことなんて、間違いなく覚えてないですしね 笑

今回は母のおかげで華やかな写真が撮れましたが、いつもとは違う、ひな祭り用の離乳食を作るなど、ちょっとしたことでも十分気持ちは伝わりますよね。

 f:id:kosodatefun:20170201224035j:image

娘はこの頃、離乳食中期でした。

キャラクターものなどは可愛いけど私には難しそうだったので、ひし餅風の離乳食を作りました。緑とピンクはそれぞれブロッコリーとトマトをじゃがいもに混ぜたもの。白はじゃがいものみ。だったと思います(ちょっと忘れました)。

 

メインの雛人形についてですが、

我が家は狭いので、最近主流のケースに入った雛人形を購入しました。

七段飾りなどと比べてしまうと、当たり前ですがだいぶこじんまりしています。

でも、これで十分!とても綺麗です♪

ケース飾りはスペースを取らないだけじゃなく、

  • 飾る & しまうのが簡単
  • 飾りにホコリがたまらない
  • 棚の上などに飾ることができる

などなど、良いことずくめですね。

 

小さいからお値段も手頃かと思いきや、なかなかいいお値段するんですよね〜これが。でも、雛人形は女親の実家が用意するものなんだそうで、買わずに済みました。

ふーッよかったー。

 

それでは、今日もお疲れ様でした!