読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくり歩いていこう

2015年に長女出産。子育てのことを中心に、我が家の時短家事や節約術など綴っています。

【手作りおもちゃで知育!】はらぺこあおむしのぽっとん落としで手先が器用に♪

スポンサーリンク

今日は娘が0歳の時に作った型落としのおもちゃをご紹介します。

こちらが2代目、名付けて「はらぺこあおむし」。

f:id:kosodatefun:20170210091119j:image

こちらが初代、名付けて「お花」です。

f:id:kosodatefun:20170210091224j:image

絶対にコピーライターにはなれませんね…。

中に落とすものについては、一緒に撮るのを忘れたのですが、こちら↓もあります。(上の写真は完成後に撮ったもので、こちらは現在使ってるものです)

f:id:kosodatefun:20170210235713j:image

では、早速ですが作り方です。 

準備するもの

  • タッパー
  • ビニールテープ
  • カッターとハサミ
  • 中に落とすもの(詳しくは後で説明します)

作り方

① 穴の位置を決めて、少し大きめに「中に落とすもの」の型をとる。

タッパーの蓋に穴の「下書き」をするということです。私は鉛筆で下書きしました。

後ほどビニールテープを貼るので、その分の余裕がないと「中に落とすもの」が穴に入らなくなります。

* はらぺこあおむしの場合は、④を先に済ませると良いです。

② ①の型の通りにカッターで切る。

ここまでは、「はらぺこあおむし」も「お花」も一緒です。

次からは別で説明します。

はらぺこあおむしの場合

③ ビニールテープを適当な長さに切り、穴の縁(断面)をカバーするように貼る。

切ったビニールテープの半分を蓋の表に貼り、残りを裏に渡して貼る感じです。

④ 蓋に果物の絵を下書きする。

後でちゃんと描くのでアバウトでOK!だいたい大きさがわかれば良いです。私は鉛筆で下書きしました。

⑤ ④の絵が隙間なく埋まるようにビニールテープを貼る。

リンゴなら赤のビニールテープを下書きの絵の輪郭が隠れる長さで切り、絵の上に貼っていきます。穴は無視して貼ってしまいます。

⑥ ⑤の上に果物の絵を描く。

もしかしたら鉛筆の線が残るかもしれないので、紙に下書きして切って型を作った方が良いかもしれません(絵本をお持ちならトレースできるかも)。

私は下書きせずぶっつけ本番で次の⑦へ進みカッターで切ってしまいました。

⑦ ⑥の型の通りにカッターで撫でるくらいの弱い力で切る。

タッパーまで切ってしまわないにように気をつけます。かなり弱い力でも十分切れます。

⑧ ⑦で塞がってしまった穴をカッターで撫でるくらいの弱い力で切って、その他ヘタなどを付けたら完成!

あおむしは、ビニールテープをカットして貼ったあと、剥がれないように透明のビニールテープを上に貼っています。

お花の場合

③ 花びらのビニールテープを下記の長さに切って、穴の縁(断面)を隠すように貼る。

黄色いお花 : 2センチくらい

赤いお花 :  1センチくらい

切ったビニールテープの半分を蓋の表に貼り、残りを裏に渡して貼る感じです。

④ 葉っぱも穴が隠れるよう適当な長さに切って貼り、茎を付けたら完成! 

スポンサーリンク

 

続いて「中に落とすもの」について説明します。

危なくないものでしたら何でもよいのですが、参考までに先ほどの写真に載ってるものを説明します。

準備するもの & 作り方

オレンジと黄色い花に落とすもの

  • ペットボトルの蓋
  • お米など(↑の中に入れます)
  • ビニールテープ
① ペットボトルの蓋を2つ用意し、お米を適量(ほんの少しで十分)入れて蓋を合わせて閉じて、ビニールテープで留める。
② ①に更に新しい蓋を1つ繋げてビニールテープで留めて完成!

一番長いものは、①を2つくらい繋げています。

りんごとすもも、赤い花に落とすもの

  • 大きめのビーズ(穴に↓のヘアゴムが入る大きさのもの)
  • 細いヘアゴム
ヘアゴムにビーズを10個くらい(それ以上でもok)通し、ビーズが外れないようヘアゴムの両端を何度か結んで団子状にする。

私は確か5回以上は結んでいます。

誤飲しないようしっかり結び、ビーズは多めにしましょう。

バナナとお花の葉に落とすもの

  • 使わない厚みのあるカード(薄いと切ったりしそうなので)
  • ベネッセ「ワールドワイドキッズ」の資料請求で無料でもらったやつ

黄色い花、赤い花に落とすもの

  • IKEAのクリップ

(初代のお花にしか使いませんでした。)

 

詳しい説明は以上です!

その他のポイント

お気付きの方がいらっしゃるかもしれませんが、お花ははらぺこあおむしよりも穴が大きくなっています

初めからギリギリサイズですと入れるのが難しいので、初めは難易度を下げてみました。娘はできないとやろうとしなくなるので…。

そして本来の遊び方じゃない遊びがメインになってしまうんですよね。ガシャガシャと撒き散らかしたりとか 笑。

「はらぺこあおむし」は失敗作だった

そしてもう1つ、これもお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、はらぺこあおむしの方は失敗作をなんとかごまかして作ったものなんです!

横から見ると顔に見えませんか?

ビーズ2箇所とペットボトルとカードが1箇所ずつで作ることは決めていまして、デザインを考えたとき、小さな丸が2と大きい丸が1長い線が1…

これ顔になるじゃん??

と安易な発想をしてしまったのが悲劇の始まりでした…。そしてできたのがこちらです。

f:id:kosodatefun:20170210091302j:image

ホラーですね。。

作ってる途中ですでに、ヤバイのができてしまう予感はプンプンしていたのですが、どうにかすれば可愛くなるかもしれないと期待し試行錯誤しましたが、私にはこれが限界でした…。

そして、それじゃ〜娘の好きなフルーツにしてしまえ!穴が開いててちょうどいいので、あおむしもオマケに付けてしまえ!となったのでした。

あおむしは絵本でバナナは食べていないんですよね。バナナがあるのは、このような経緯があったからなんです。

はらぺこあおむしの手作りおもちゃは他にこちらもあります。

英語でも読めるというやつを購入しました♪

話は反れますが、現在1歳半年くらいになる娘は、まだ「ママ」すらはっきりと発音することができないのですが(なぜか「パパ」は上手に言えるのでちょっと悔しい)、少し前からリンゴをapple!頭をhead!と言うようになりました。

あとは猫をcat!とだいぶ前から言いはじめました。まだ喋ることができないだけて、意味は分かっている言葉は他にもたくさんあります。

我が家では英語の歌を聴かせるなどして、なるべくお金をかけずに英語教育をしています。

英語教育!というとちょっと堅苦しいのですが、ただ英語というものが当たり前に身近にあるというふうな感じに思ってくれるだけでもよいと考えています。

なるべくお金をかけずにというか、ほぼタダに近いのですが。

我が家の英語教育についても今後ご紹介できたらと思っています。

それではこの辺で♪