ゆっくり歩いていこう

娘とパパと私の3人家族。親兄弟と離れた都会で暮らす子育てのこと、手作りのもの、幼児教育、我が家の時短家事や節約術などを綴っています。

心と体の発達 ー 娘2歳の成長記録 vol.3

スポンサーリンク

娘の2歳の成長記録も今日で ”ひとまず” ラストです。

というのも、書いておきたいことがもうチョイ出てきまして…。

気が向いたときに、また書くかもしれません^^;

今日は、心と体の発達などについてまとめました。

f:id:kosodatefun:20170826173806j:image

身長・体重など

身長:84.9cm

体重:11.2kg

手の大きさ(手首から中指の先までの長さ):約10cm

足の大きさ(かかとから親指の先までの長さ):約14cm

ムチムチ線がなくなった

全体的に体が引き締まって、赤ちゃんから幼児の体型になってきました。

ドラえもんの手首のように、赤ちゃんの頃は手首にムチムチした線(シワ)がくっきりとありましたが、1歳を過ぎたあたりから徐々に薄くなっていき、今ではすっかりなくなりました。

ちょっとサビシイ…。

娘の成長はとても嬉しいことなんだけれど、もう少しだけ、ムチムチとした可愛い姿を眺めていたい!笑

とはいえ、まだ2歳なので、赤ちゃんの頃の名残り?のような線が、よく見ると手首や足首付近に薄っすらと残っていますし、太ももなんかはまだムチムチしています^^

そういや少し前に、こちらでボヤいている友達の赤ちゃんに、生後初めて会いに行ってきました。

かなりのムチムチボディで、まん丸コロコロで、めちゃくちゃ可愛かったのですが、この手首の線というか、線のミゾが深くてポケット状態になっており(たぶん米粒くらいなら余裕で隠せる)、中に尋常じゃない量のホコリが入り込んでいました^^;

スポンサーリンク

 

運動面

小走りができるようになった

以前は、ほぼ歩いているのと変わらないようなぎこちない走りだったのですが、最近は足がちゃんと上にあがって走る姿が様になってきました!

それから、走るスピードだけじゃなく、歩くスピードも速くなってきました!

娘は割と慎重な性格をしているからか「ちょっと待っててね」などと言うと、あまりウロチョロせずに私の近くで待っててくれるので、外に出た瞬間走り出すというようなことはしないのですが、慣れた場所だとスタスタと先読みして歩き出してしまうこともあるので、外出の際は以前より目が離せなくなってきました。

階段の上り下りが上手になった

以前は一段一段しゃがみながらゆっくりと、おそるおそる階段を下りていましたが、最近では一段一段しゃがんで下りるところは変わりませんが、すっかり手慣れた様子でスイスイとテンポ良く下りられるようになりました!

安全のために必ず手を繋ぐようにはしていますが、上りは手を繋がなくても登れるまでに成長しました!

お家以外のジャングルジムに登れるようになった

繰り返しになりますが娘は慎重な性格のため、こちら↓でもご紹介しましたとおり、お家にあるジャングルジムに登れるようになったのは購入してからしばらくたってからのこと。

様々な工夫をした甲斐あって、無事に登れるようになりましたが、児童館やキッズスペースなどにあるジャングルジムや、その類の大型遊具など「お家のジャングルジム以外の大型遊具」では、なぜか遊ぼうとしませんでした。

正確には、興味はある様子だけど片足を乗せるくらいで終わってしまうといった感じ…。

そんな状態がしばらく続いていましたが、ここ最近になって急に変化が!

動きはぎこちなくて、私の助けが必要なことが多く、まだあまり積極的には遊ぼうとしませんが、最近では一般的な形のジャングルジムや、アスレチックにありそうな綱でできたネットのような遊具、それからトランポリンのようなジャンプする遊具、その他、説明が難しい大型遊具数台をなんとかそれなりに遊べるまでに成長しました!

自分でなんでもやりたがるようになった

最近は、食事の時に私が食べさせようとすると、私からスプーンを奪いとって自分で食べたり、歯磨きのときも歯ブラシを私から奪いとって自分で磨きたがるようになりました。

仕上げ磨きを全くさせてくれないので、最後は力づくで磨いています^^;

他にも靴や靴下を自分で履こうとしたり、出かけるときは私の行動を先読みしてドアを開けようとしたり、ヘルメットをつけようとするなど、様々な面で自分でやろうとする様子が見えてきました。

お手伝いをするようになった

まだお手伝いというよりも、私からすると家事の邪魔をされている感じですが、洗濯物を洗濯ネットから出しては「はよ干せ」と言わんばかりに次々と渡してきたり、出かける準備をしていると、季節はずれの洋服(着替え)を持ってきたり、バッグに自分の飲み物を放り投げたりしてくれます^^;

おわりに

娘も「魔の2歳児」と呼ばれるお年頃になり、最近ではますます自我が強くなり、何でも自分でやりたがるようになり、思うようにできないとこの世の終わりかのように泣きわめくようになり、まるで小さな怪獣がお家に住んでいるかのようです^^

しかし、自分で成し遂げた時の満足げな顔や、心身ともにまたひと回り大きく成長した娘の様子を見ると、私も嬉しくなりますし、なんとも感慨深い気持ちになります。

娘とともに一歩ずつ、のんびりと、私も母として成長していきたいと思っています。

もうそれなりの歳になってしまった私にとっての成長とは一体何なのか、親として目指すべき姿のようなものがあるのなら、それは一体どのような姿なのか、自分でもよく分かっていませんが、時には手を抜いたり、時には無理をしたりしながら、娘と過ごすかけがえのない一日一日を、大事にして過ごしていきたいと思っています♪